山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

ホームページでの販促動画の活用 ?実験報告?

2011年08月 01  月曜日

昨今、デジタルアセットオプティマイゼーション(以下、DAO)が叫ばれています。
DAOとは、検索エンジン対策のコンテンツ版(動画やPDF、写真、音声など)だと思っていただいてかまいません。
お客様に自社が保有するデジタルコンテンツを如何にして露出させるか、そのテクニックです。

弊社の実績としても、ユーチューブを窓口に某テレビ番組の取材をうけたことがあります
成果を上げるためには複数の要因が必要ですが、ホームページで利用しない手はありません。

さて、動画を投稿するに当たり、投稿先は次のように様々あります。

  • ユーチューブ
  • フェイスブック
  • ニコニコ動画
  • その他動画投稿サイト
  • 自社サイト(フラッシュのプラグイン仕様など)

どのチャネルを利用するか、それは目的に応じて様々です。
(目的によって複数の投稿先を利用するのもあり)

んで、ペットショップ系の動画と、食品加工系の動画をそれぞれの投稿サイトに投稿して実験しました。
(投稿日時、説明文、タグ全て同条件。またホームページでの紹介はなし。)
●ニコニコ動画

  • 再生数:349回
  • コメント数:4件
  • 関連商品の紹介:2件

●ユーチューブ

  • 再生数:50回
  • コメント数:0件
  • ブログなどの埋め込み:4件?(ユーチューブインサイト)

視聴数を稼げるのは『ニコニコ動画』のようです。
もちろん、完全に視聴者属性を無視した動画を投稿したのでニコニコ動画はちょっとコメントの内容はよくありませんでしたね。
(ニコニコ動画はコマーシャルは嫌われます。炎上とは言いませんけれども、少なからず否定的なコメントが入っていました。)
ユーチューブはGoogleの検索結果画面に表示してくれるのはありがたいのですが、そもそもの検索母数の少ないキーワードですから視聴数を稼ぐことが出来ませんでした。

ユーチューブは次の目的で利用するのがオススメです。

  • ブログやホームページで動画再生に利用
  • Google検索結果画面の占有率を増やす

膨大な動画数がアップロードされているユーチューブですから、余程のことがない限り爆発的な再生数は稼げません。
よって、ブログやホームページの埋め込み動画として利用するといいでしょう。
ホームページを訪問してくれていると言うことは、そのホームページコンテンツに関心があると言うことですからね。
動画閲覧の可能性もおおいにあるでしょう。

Googleの検索結果10件(1ページ目)に動画も表示されます。
(優先的にユーチューブが表示されているように思います)
検索エンジン対策で、理想的な姿と言えば「検索結果画面の独り占め」ですよね。
検索結果画面の1ページ目に自社ホームページの情報だけ表示してくれれば、集客が超ラクになります。
(特殊事例を除き、実際はあり得ませんが…)
動画には検索結果画面に表示されるので検索キーワードを意識したタイトル、説明文が必要です。
ただ、商品の内容も知らない初見のお客様からすると内容が売り込み臭がきついと、動画閲覧を途中でストップするでしょう。
(NLPやコーチング系に多く見られます)
もちろん、成約寸前に利用する動画ならガンガン背中を押す動画でも良いかもしれません。
このテーマについては、成約直前に表示する動画を作って実験していないのでなんともいえません。
今後の課題です。

ニコニコ動画は次の目的で利用するのがオススメではないでしょうか?

  • 商品の反応チェック
  • 認知度アップ(ステルスマーケティング)

私が投稿した動画で一番多くの動画再生数とったモノで2500回。
ネタがしっかりした(インタレストな)動画かつ非コマーシャル的な動画でした。
ニコニコ動画は動画を投稿した直後からコメント投稿されるので、商品の率直な感想が集まります。
商品写真や利用シーンなどを映し出して感想を取って本番の動画作成に利用するのもありでしょう。
再生数が高まるのは動画投稿直後。
動画投稿直後は動画カテゴリーの新着動画に表示されますから、視聴数がちょこっと獲得できます。
しかし、よほど面白い動画でない限り、そうそう動画再生数は伸びません。
アドワーズなどに比べると広告費は安いので、3万円ほど投資してみるのも良いでしょうね。

そして、こちらは試したことがありませんが有名ブロガーや有名な投稿者に商品をおくりつけてレポートしてもらうという手法(ステルスマーケティング)もあります。
一時期、アメーバブログで芸能人がペニーオークションで小銭を稼いでいたのが良い事例ですね。
これについては、有名人の選定や依頼などその動画カテゴリーに詳しくなければできません。
突発的にはできませんね。

まだまだ研究中ですが、動画の活用事例でした。
各動画投稿サイトに最適化した動画を投稿して実験してみたいですね。


カテゴリー:広告販促
Tags: , , , , , , , , , , ,

ネットショップの構築の基礎

2011年03月 04  金曜日

ネットショップは基本的に検索から顧客が流入します。
ですから、コンバージョン率の高いキーワードを利用したお客様にアンサーを返すショップを構築するか、これがキモ。
だから、新規でネットショップを立ち上げるときは入念にニーズ分析をおこない、商品紹介(買い物かごボタン)ページ以外にどんなコンテンツページを企画するか考える必要があるわけです。

商品をショップに掲載すれば売れる(検索上位に表示されてお客様が来る)、っと言うものではナカナカないわけですわね。

上記事例は、ぼくのニーズ分析手法。
何でもかんでもIT真っ盛りですが、逆にこんなアナログな手法が役立ったりします。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , , , , , , , ,

6つのステップで簡単に作れるブログ記事4 ブログの簡単な書き方ステップ

2009年10月 15  木曜日

ポイント
  • お客様にとっておもしろいブログ記事を書くためには、考えが整理されていなければいけません
お客様にとって、おもしろいブログを書こうと思っても、なかなか書けるモノではありません。 お客様といっても色んな方がいらっしゃいますよね。高校生のお客様、ご年配のお客様、カップル、家族連れ… それぞれ関心事が異なるのですよね。家族連れなら家族連れのニーズがありますし、カップルならカップルのニーズがあります。 週刊誌や雑誌もお客様の関心事にジャンルが細かく分かれていますよね。お客様にとっておもしろいブログもそれと同じです。 ある程度対象をしぼりこまなければ、お客様につたわりません。 また、対象が決まっていても、考えが整理されていなければ、意味がありません。 上手な文章はさほど必要ではありませんが、お客様の関心を引くような流れとポイントが必要になります。 次の6つのステップをふめば、お客様の関心事にひっかかり…やすいブログ記事が作れるはずです。 ステップ1 テーマを決めよう! ステップ2 ターゲットにねらいをつけよう! ステップ3 ターゲットに何を期待しますか? ステップ4 記事のネタを整理しよう! ステップ5 記事の骨を作りましょう! ステップ6 記事におもしろみをつけましょう! 次回「6つのステップで簡単に作れるブログ記事5 ステップ1テーマを決めよう」をお楽しみに。 前回:6つのステップで簡単に作れるブログ記事3 魅力の3要素

カテゴリー:過去記事
Tags: , , ,

地域検索結果のボリューム×時期による変化

2009年10月 09  金曜日

ポイント
  • 時期によって同じキーワードでも検索される場所が異なるため、商品紹介ページやメールマガジンのターゲットは柔軟に変更するべき。
Yahoo!公式ブログ「Yahoo!検索スタッフブログ」は、楽天ショップやEC、ドロップショッピングをしている方は必読です。 今日も大変興味深い記事が投稿されていました。引用します。
北海道の人は怖い話が好きなのか? ―地域検索の世界 その2― 「アジサイ」の検索結果推移 「梅干の作り方」の検索結果推移 「梅干の作り方」の検索結果推移 「アジサイ」の検索結果推移 「じゃがいも料理」の検索結果推移 「じゃがいも料理」の検索結果推移 ※6月1日?7月31日まで、約10日ごとに検索頻度を区切って並べたもの このように10日単位で区切って検索頻度のマップをつなげてみると、季節にあわせて検索される地域も北上していることがわかります。 通常、このようなものには「桜前線」「梅雨前線」といったものがありますが、地域検索のログと時間軸を組み合わせることで、季節ごとにその盛り上がりが日 本列島を移動していくとワードを多数見つけ出すことができるのです。上記の例だと、さながら「梅干の作り方前線」「じゃがいもの料理前線」といった感じで しょうか。 引用:http://searchblog.yahoo.co.jp/2009/10/_2.html
楽天ショップやECサイトなどに出店している方は、儲けるために色々な打ち手を用意していると思います。 それがランディングページであったり、メールマガジンの発行であったりするわけですよね。 そのターゲットとなるお客様の地域属性については、どの程度意識されていたでしょうか? 日本のインターネット人口の大多数が都心部に集中しているという一般則から、都心部を設定する方もいるでしょう。 また、これまでの売上実績データからお客様のいそうな場所を経験則的に把握している方もいるでしょう。 今回引用した地域検索の結果から、「時期によって購買意欲が変化する商品」は時期に応じてターゲットを変えるべきでしょうね。 たとえば…
  • 水着、バーベキューセットなどのレジャー用品
  • 調理器具、調味料(じゃがいも料理の検索結果から)
  • 暖房器具、防寒具
  • お茶、お茶菓子
当たり前といえば、当たり前のことなのですが、データがなかったために検証することが出来ませんでしたね。 このようなデータを開示してもらえると、マーケティングしている私たちはとても参考になるのですが…駄目でしょうかね?Yahoo!さん?

カテゴリー:過去記事
Tags: , , , , , ,

6つのステップで簡単に作れるブログ記事3 魅力の3要素

2009年10月 09  金曜日

ポイント
  • お客様から読んでもらえるブログとメールマガジンには「楽しそうだ…ということ」「読み応えのある(有益な)情報であること」「オリジナルの視点があること」といった共通点がある
  • お客様から読んでもらえる文章の上手い下手は関係ない
今日の「魅力の3要素」というのは、楽天ショップ等の販売促進のメールマガジンにも共通して必要です。 メールマガジンに商売の売り込みしか書いていなければ、誰も読みたくないですよね? 「小ネタがはさまれていて楽しい」「商品についてのウンチクがすごく詳しく載っている」…のようなメリットがあるから読むわけですよね。 おさらいになりますが、ブログやメールマガジンの魅力になる要素は次の3つになります。
  1. 楽しそうだ…ということ
  2. 読み応えのある(有益な)情報であること
  3. オリジナルの視点があること
それでは、ひとつひとつ詳しく説明したいと思います。

1.楽しそうだ…ということ

作者が楽しそうにブログを書いているような雰囲気があること。 不思議な話ですが、書き手の表情が伝わるわけでもないのに、めんどくさそうに書いているのか楽しそうに書いているのかお客様には伝わります。 文章の中の熱意や迫力に表れるのではないかなぁと思います。 ブログを書くときは、自分が書いていて楽しくなるようなブログのネタを書いてくださいね。 そうすれば、書き手が楽しそうに書いている…とお客様に思ってもらえるブログになります。

2.読み応えのある(有益な)情報であること

芸能人のブログって読んだことあるでしょうか? 「今日、イカスミパスタ食べました」という1行のブログ記事でも、トラックバックや感想が多く寄せられます。 その芸能人に興味がある人がブログを閲覧しているので、そんな内容のブログでもお客様から反応はあります。 けれども、芸能人でもない一般人が、そんなブログを書いても反応はありませんよね。 お客様が喜びそうな濃いネタが必要になります。 (ネタ探しについては、後日詳細に説明します)

3.オリジナルの視点があること

「読み応えのある情報が必要か?」といっても、新聞のような事実だけで構成された内容でもいけません。 お客様に読んでもらえるブログは、書き手の斬新な切り口やアイディアが必要です。 おもしろく読めるモノでなければ、別の情報源(他のWebサイトやブログ)に目移りしてしまいます。 お客様にとって、自分が書いているブログなんて数ある情報源のひとつでしかないのですよね。 以上が、ブログやメールマガジンの魅力になる3つの要素です。 この要素がなければ、どんなに文章が上手く書かれていてもお客様に読んでいただけません。 「お客様に読んでもらえるブログやメールマガジン」と「文章の上手さ」は関係がないということですね。(もちろん、下手より上手な方が良いんですよ) 次回「6つのステップで簡単に作れるブログ記事4 ブログの簡単な書き方ステップ」で誰でも簡単にお客様に読んでもらえるブログの書き方を説明したいと思います。お楽しみに。 前回:6つのステップで簡単に作れるブログ記事2 読まれるブログって?

カテゴリー:過去記事
Tags: , , , , , ,

6つのステップで簡単に作れるブログ記事2 読まれるブログって?

2009年10月 07  水曜日

ポイント
  • お客様に読んでもらえるブログは「読みたい」と思わせる魅力がある
  • 「読みたい」魅力は最低限、「楽しそうだ…ということ」「読み応えのある(有益な)情報であること」「オリジナルの視点があること」が含まれている
お客様に読んでもらえるブログってどんなブログでしょうね? う??ん、と悩んでもでてきませんよね。 逆説的な発想ですが、自分ならどんなブログを読んでみたいですか? おもわず吹き出してしまうような小ネタが入ったブログや、ニュースを簡単に解説しているブログや、かわいい猫を紹介しているブログ… 料理レシピを公開しているブログ、レストランの味評価をしているブログ、ネットのお得な情報を収集しているブログ… 自分が読みたいブログ…と視点を変えると色々浮かんできますよね。 読まれるブログって「読みたい!」と思わせるような魅力があります。 では、「読みたい!」と思わせるような魅力って何でしょうね? 人によって定義が様々でなかなか難しいのですが、あえて限定すると次の3つです。
  1. 楽しそうだ…ということ
  2. 読み応えのある(有益な)情報であること
  3. オリジナルの視点があること
次回「6つのステップで簡単に作れるブログ記事3 魅力の3要素」で、ひとつひとつ解説していきます。 前回:6つのステップで簡単に作れるブログ記事1 なんでブログは読まれないのだろうか?

カテゴリー:過去記事
Tags: , , , ,

6つのステップで簡単に作れるブログ記事1 なんでブログは読まれないのだろうか?

2009年10月 06  火曜日

ポイント
  • 有名ブロガーとまではお約束できませんが、比較的読んでもらえるようなブログを書くためのコツを紹介します
ブログやSNS(mixiなど)が巷で流行っています。 日本のブロガー人口(ブロガー:ブログを書いている人)は約2000万人。(ブログの総記事数は13億5000万!) 読者は、その倍(4000万人)はいると思うので日本人にとってブログはメジャーなメディアだ!…といえるくらいブログやSNSは成長しました。 そんな時代を反映して、「お客様に向けて情報発信だ?」なんて意気込んで、ブログをはじめた会社さんも多いかと思います。 (※たまに検索エンジン対策のためにブログを書いている場合もありますけどね。僕のお客様とかw) でも、悲しいかな。記事を書けども書けどもブログには全く反響がなく、「本当に読んでもらえているのだろうか?」と不安になってしまうケースが殆どではないでしょうか? たとえ、アクセス解析システムで訪問者がブログに訪れている事実がわかったとしても、やっぱり反応はほしいですよね。 有名ブロガーになる!…とまではお約束できませんが、お客様の関心事に橋にも棒にもかからないような悲惨なブログにならないコツを連載したいと思います。

6つのステップで簡単に作れるブログ記事!

明日から、しばらくこの連載を続けます。 次回「6つのステップで簡単に作れるブログ記事2 読まれるブログって?

カテゴリー:過去記事
Tags: , , , , ,

簡単に自社CMを作る方法

2009年09月 21  月曜日

ポイント 「自社広告用の動画が作れればいいなぁ」と思いませんか? 写真を数枚用意するだけでプロが作ったようなコマーシャルを作ることが出来ます。 しかも、タダで!すご??く簡単!!短時間に!!! 10分で作成したコマーシャルをご覧下さい。なんとなーくプロっぽいでしょ?
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player
このサービスを利用してコマーシャルを作成し、ホームページ内にコマーシャルを埋め込めば、さらに訴求力のあるホームページを作ることができます。 (※ただし、ホームページを自社内で操作できる必要があります。ちなみに、一部を除き山形ホームページでWebサイトを構築しているお客様はホームページを操作できます。詳しくは、「定額料金でWeb構築!」をご確認下さい。) また、このサービスはうれしいことにヤフーオークションに対応しているので、Yahoo!オークションで商品を販売しているお客様にとっても強力なツールになるでしょう。 ライバル会社がやらないからこそ、自社は挑戦する!相手に勝つコツですよね。 (※相手に勝つことも大切ですが、お客様から支持されることも大切ですよね山形ホームページではマーケティング手法を用いてお客様の経営戦略にぴったり合うホームページをご提案しています。詳しくはお問い合わせ下さい。) 利用できるモノは全部利用して、勝っていきましょう! ちなみに、オフィシャルサイトにも操作方法を解説した動画がありましたが、自社でも作成してみました。 ちょっと緊張しているので、上手ではありませんが簡単で短時間にコマーシャルを作成できているのがわかると思います! ぜひ、コチラも併せてご覧下さい。

カテゴリー:過去記事
Tags: , ,

携帯電話向けホームページの事例?日本マクドナルド?

2009年09月 16  水曜日

ポイント
  • 顧客のメリットを考える、普及させる方法を考える
  • 携帯電話向けホームページから最大限のメリットを享受したいときはメールを活用する

顧客のメリットを考える、普及させる方法を考える

日本マクドナルドの携帯電話向けホームページの会員数はなんと800万人! モバゲータウンなどのSNSサイトを除いたケータイサイトでは、日本最大の会員数でしょう。 膨大な顧客数あったからこそ、800万人の会員を獲得できたわけですが、顧客が多いからと言って携帯サイトに800万人もの会員を集めることはできません。当たり前ですよね。 マクドナルドの携帯電話向けホームページが成功した理由は、至極シンプル。 顧客にメリットがあるから まぁ、利点があるからみんな携帯サイトの会員になっていることくらいはわかるはずです。 普及させた仕組みは、ちょっとおもしろいです。 実は、会員増加とともにクーポンの値引額を減らしています。 マクドナルドの携帯サイトがクーポンを配布し始めたときに利用し始めたヒトは、便利だから口コミでガンガン広める。 「儲かる」携帯電話向けホームページのである、個人情報の獲得ができるわけです。
補足:「儲かる」携帯電話向けホームページと個人情報 よくある勘違いですが携帯電話向けホームページを持っているだけでは儲かりません。 携帯電話向けホームページで期待した結果をあげようとするならば、個人情報は必ず必要になります。(特に、電話番号、メールアドレス、住所、年齢、性別、誕生日は必須です。)なぜなら、一般企業の携帯電話向けホームページは閲覧されにくく、企業側から積極的にアクションを取らなければ期待した結果は生まれません。(もちろんmixiやモバゲータウンなどのSNSサイトや広告宣伝費をガンガン使って宣伝している大手企業は別です)お客様の個人情報を把握し、お客様一人ひとりにあわせたサービスを提供することで携帯電話向けホームページが「顧客集客マシーン」になったり「自動現金引き下ろし機」になったりします。 「儲かる」携帯電話向けホームページを作るためには、個人情報の獲得は必至です。
口コミが十分広がり、会員数が増加(膨大な個人情報を獲得)すると同時に、ゆっくりと値引き額を調整してマクドナルドの負担を減らすわけですね。

携帯電話向けホームページから最大限のメリットを享受したいときはメールを活用する

携帯電話向けホームページを設置しているだけでは、閲覧されにくいという事実があります。 さほど必要性を感じないのに携帯電話向けホームページを閲覧するのってよほどのことです。 SNSサイトやWebメールサイト、ブログでなければ、一般の人はそうそう一般企業の携帯電話向けホームページなんて閲覧しません。 更新しているかどうかもわかりませんし。 そこでメールを利用します。 個人情報を活用して、携帯電話向けホームページに誘導する仕組みを構築します。 マクドナルドは、金曜の正午前にかならずランチ向きのクーポンサイトの案内をメールしています。 また、クーポンは土日も使えるので、金曜のランチに使ってもらえなくとも土日に使ってもらえる可能性もあるわけです。 なかなか上手いやり方ですね。 マクドナルドは実施していませんが、小さい飲食店ならもっと細かくアプローチできると思います。 たとえば、職業がわかれば職業別にメールの内容を変えて反応率を上げることもできますよね。 ●男子大学生なら量の多いメニューを紹介するページに誘導する ●OLならゆっくり午後を楽しめるお茶+デザート付きランチページに誘導する ●ビジネスマンなら昼下がりの休憩場所としてコーヒーとお茶請けのページに誘導する などなど…おもしろいことがたくさんできそうです。 携帯電話向けホームページ作成会社は数多くありますが、メールの活用と一緒に提案している会社は少ないように感じます。 携帯電話向けホームページは個人情報とメールはセット。これはお客様に口を酸っぱくして伝えている内容です。 (個人情報の収集にはコツがあるので、わかってもやれる会社はそう多くありませんが…) 山形ホームページでは、お客様に提案している携帯電話向けホームページは、メールの活用と個人情報の収集方法・活用方法をセットで提案しております。 相談は無料です。ぜひご相談下さい。

カテゴリー:過去記事
Tags: , , , ,

携帯電話向けホームページの閲覧時のチェック方法

2009年09月 14  月曜日

ポイント 携帯電話向けホームページは、非常に注目されています。 携帯電話向けホームページを利用していない人からはとても想像がつかないと思いますが事実です。 たとえば、インターネット通信販売の最大手の楽天市場で商品を購入するヒトの約40%は携帯電話を経由してモノを購入しています。 当たり前ですが、携帯電話向けのホームページがないだけで、売上げの約40%がなくなってしまいます。 山形県や宮城県の中小企業の携帯電話向けホームページが同じような売上げを獲得できることは難しいかもしれませんが、携帯電話向けホームページがないために発生する機会損失は確実に存在しうると考えています。 では、いますぐ携帯電話向けホームページを作成しなければいけないのか? ひとまず、自分の携帯電話またはソフトウェアで確認するところから始めましょう。 i-modeで検索(モバイルGoogle)した場合、Googleが自動的にWebサイトを携帯電話向けホームページに変換してくれています。 ※将来、NTTグループのgoo検索に切り替わると想定しています ホームページの変換結果によっては、そう焦らないでよい場合があります。 確認する方法はいたって簡単。 山形ホームページのオススメは、「FireMobileSimulator」です。 Internet Explorerを利用しているユーザーからは、ちょっとハードルが高いですが、firefoxとFireMobileSimulatorをインストールしてしまえば3キャリア(DoCoMo、AU、SOFTBANK)の携帯電話から閲覧した状態をシミュレートできます。 FireMobileSimulatorの説明を引用します。
FireMobileSimulatorとは? FireMobileSimulatorは、主要3キャリア(DoCoMo/Au/SoftBank)の携帯端末ブラウザをシミュレートして、モバイルサイト開発を容易にするために作成されたFirefoxのアドオンです。携帯端末のHTTPリクエスト、絵文字表示、位置情報送信機能などの動作をシミュレートすることができます。 モバイルサイトをPCで閲覧するために、従来からある方法として、キャリア公式シミュレータの使用、Proxyの使用、Firefoxの useragentswitcher+modify headersの組み合わせ等、色々と手段はありましたが、これらの方法はそれぞれに不足している機能があったり、またITに詳しくない人にとっては導入が面倒かつ困難という面があります。 FireMobileSimulatorは、「誰でも簡単に導入できる」かつ「高機能である」ことを目的に作成された新しい携帯シミュレーターです。
Googleは、ホームページの装飾をカットし携帯電話向けホームページにしているので、テキストを多く利用しているWebサイトは比較的閲覧しやすい状態で表示してくれているはずです。 画像が多いホームページは表示されない可能性もあります。 上手く表示されない場合は、貴重な機会損失を埋めるためにも対策が必要です。 ぜひ、山形ホームページのモバイルサイト作成サービス「定額携帯電話Web!」を利用してください。 相談も無料で受け付けております。ご活用下さい。 なお、携帯電話向けホームページで本気で儲けたいと思う方のみ、「携帯電話向けホームページはどんな情報を載せるべきか?」をご覧下さい。 当たり前ですが、携帯電話向けホームページは、携帯電話向けに情報をカスタマイズしないと期待する結果がでません

カテゴリー:未分類
Tags: , ,

次の10件を読む>>

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

画面上部へ戻る