山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

新聞販売所へ営業戦術の提案2 ノルマはやめる

2011年01月 29  土曜日

さきほど、読売新聞の販売担当者が新聞の勧誘にやってきた。
確認したところ先日試読した日経新聞とは関係がない販売所だった。

「日経なら購読してもいい」という僕。
「日経も届けることができるが販売担当が読売新聞だから読売をお願いしたい」という販売担当者。

「契約期間は3か月でいい」という僕。
「自分の成績にならないから6か月契約でお願いしたい」という販売担当者。

なぜ顧客側が販売側の都合を聞かなくてはならないか?
主導権はこちらにあるので、丁重におかえりいただいた。

でも、もったいないよねー。
日経新聞で3か月契約なら取れていたのに、ノルマのせいで契約がきえました。

販売員にノルマを課すことと売上アップに(今の時代)相関関係はない。
むしろ、全従業員でどのくらいの粗利を稼ぐことができたのか?
そこに集中して戦略を考えたほうがいい。

まずはノルマをやめてみてはどうか?
あと、うちに日経新聞を届けてちょうだい(笑)


カテゴリー:広告販促
Tags: , , , , , ,

カレンダー

2018年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

画面上部へ戻る