山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

建築写真のコツ

2011年10月 09  日曜日

こんにちは、カメラマンの鈴木です。
今回は、建築写真のコツです。

建築写真では、広角レンズを使うことが多いと思います。
最近の超広角レンズだと、大きく写せる反面、
広角レンズ独特の歪みが生じてきます。



迫力があって良いのですが、歪みが気になる場合があります。
「垂直のものは垂直に、水平なものは水平に」と
人間の目が要求するからです。
ですので、撮影後の後処理が大切になってきます。


そんな時役立つのが、画像現像ソフトです。
ソフトでは、歪み補正をかけることが出来るので、
無理のない(自然な感じに)仕上げる事ができます。
カメラにバンドルされているのもあれば、
1万円位の商品もあります。

ちなみに、補正するとこんな、おとなしい感じになります。


補正前の迫力は無いですが、無理のない構図になります。

補正には好みがありますが、広角レンズを使う場合には
抑えておきたい事項です。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , ,

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

画面上部へ戻る