山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

何と比較するか?商品説明

2011年10月 05  水曜日

昨日、スタッフが「CUPNOODLEごはん」をいうインスタント食品を食べていました。
このCUPNOODLEごはん、インスタント食品と比べると250円と高価な商品※です。
※近所のセブンイレブン価格

カップラーメンだと、具材がレトルトパックされている高級なラーメンが食べられる価格です。
CUPNOODLEごはんは、通常のカップラーメン『CUPNOODLE』とは別物とわかりながらも割高な印象がありませんか?
スタッフに「CUPNOODLEだと考えたら高いよねー?」なんて話を振ったら、あらびっくり。
きちんとフォローが側面に書かれていました。

そう、『おにぎり二個分』なんですね。
おにぎり二個分といわれると、250円の価格がグッと安くなったように感じませんか?
これは、カップラーメンと比較していた頭から、おにぎりに二個と比較している頭に切り替わったからです。

250円でおにぎり二個なら、許容範囲ですよね。
アフォーダブルなプライスだと思います。

商品を説明するときに、何と比較するのか?
そこを追求するとプライスがかわります。
他にも事例はたくさんあります。探してみるのも面白いと思いますよ。


カテゴリー:広告販促
Tags: , , , , , , , , , ,

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

画面上部へ戻る