山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

マイツールによるマトリックス会計の総勘定元帳プログラム

2011年10月 29  土曜日


※この総勘定元帳は島田個人の財布データ(試験的なモノ)

先日公開したマトリックス会計プログラムにバグがありましたので修正しました。
問題点は次のとおりです。

  • 集計に重複する期間があった
  • 帳簿データのC8C9のUPDデータを参照できていなかった

これらの問題点を修正したプログラムを製作しました。
今回はX型ファイル形式でアップロードします。ご活用くださいませ。(ダウンロード:motochou

なお、当プログラムは次のページまたはファイルが必要になります。

  • サブページ1とサブページ2、サブページ50、サブページ51を利用
  • 会計データはMXS.myx(V型ファイル)から読み込み
  • データ一時保存ファイルとしてCHK1.mypとCHK2.myp
    ※X型ファイル(ただし空ファイルでよい)

RUNドンしていただければ、指定された年月の総勘定元帳が表示されます。
修正が必要な箇所などありましたら、お教え下さい。
一緒に直しましょう。

よろしくお願いします。


カテゴリー:仕事関係,抽象思考
Tags: , , , , , ,

まみがさきMGに参加

2011年10月 08  土曜日

株式会社キャリアクリエイトさんが開催してくれているマネージメントゲームに参加しました。
今回は、弊社スタッフの上野も挑戦。
はじめのマネージメントゲームということで大変緊張しておりました。

しかし、マネージメントゲームは楽しく勉強できる最良のツール。
ゲームが始まってしまえば、熱中しておりました。

楽しい競りのあとは、おなじみの決算タイム。
マトリックス会計の概念を頭に叩き込む修行の時間です。


なんとマネージメントゲーム界の重鎮?、宇野寛さんも参加。
平均P40円という謎の決算をしていました。すごい(笑)

最後に宇野さんが講義をしてくださいました。
講義では頭の中でストラックを描けられるように訓練することを事例で紹介してくれました。
感謝します。ありがとうございます。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , , ,

マイツールのマトリックス会計ソフトの総勘定元帳プログラムを作成

2011年09月 27  火曜日

マトリックス会計をマイツールでして実現していますが、総勘定元帳がないためデータの確認ができませんでした。
ほぼ1日かけて総勘定元帳のデータを出力するプログラムを作りました。
改良点は多々あるとは思いますが、とりあえず使えます。
ご活用下さいませ。


カテゴリー:抽象思考
Tags: , , , , , , , , , ,

東北マイツール研究会に参加

2011年02月 15  火曜日

東北マイツール研究会に参加。
参加している人は尊敬する人ばかりで、非常に勉強になる。

前回同様、マイツールによるマトリックス会計表作成を実践。
主催者の千葉さんからプログラムの改善を指導してもらう。

研修終了後の二次会で「いかに利益を同分配するか?」を話し合い、非常にいい勉強をさせていただきました。
東北マイツール研究会は二次会も含めての研修会です。

なお、話を聞いていて気がついたのだけれども、個人事業主には利益っていう概念がないんですね。
残渣はわかりますが、利益という考え方がない。これは恐ろしいことですよ。びっくりしました。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , , , , , , ,

会計はなぜマトリックスが良いのか?

2011年01月 23  日曜日

東北マイツール研究会で研究中のマトリックス会計。
上記キャプチャーは入力途中のマトリックス会計表(マイツール利用)です。

縦横にBS科目とPL科目があり、INとOUTが一目でわかる優れモノの会計表です。
データベースソフトを利用しているので全ての金額を利益や人件費で割り算することが簡単。
そして、科目全体を見渡せるので異常値をサッと拾い上げることが出来ます、この点が非常に秀逸。
また、マトリックス会計表からBS、PL、キャッシュフロー計算書を作成※できます。
株主資本等変動計算書も計算できるそうですが、まだ研究中です。

PLとBSがリンクしていることは経理の入門書にもよく書かれています。
しかし、下記キャプチャーのように実際どの影響しているのか一般の会計ソフトが出力する表から読み取ることは難しい。
(そもそもPLとBSが別々に出力されている時点で関連性が薄まる)

※参考画像 イメージです

また、借方貸方の経理アレルギーが出てしまうようなルールがあり、直感的にわかりにくいという問題もあります。
経営者はBSやPLにふれる機会が嫌が応にも多いので慣れますが、従業員には全く理解されません。

マトリックス会計表は、全ての科目が一枚の表に組み込まれていますから、たとえば現金残にどの科目が影響しているのかがパッとわかります。
BS科目とPL科目の関連性が成り立っているわけです。
また、貸方借方の特殊ルールがないため、足し算と引き算で簡単に残を計算できることも大きなメリットでしょう。
簿記のルールを教える時間を短縮でき、かつ理解は高いでしょう。(右左を理解するだけでも相当時間がかかります)

そして、冒頭に書いたように一覧性、分析能力も優れています。

マトリックス会計表は経営の質をアップするための、ひとつの優れたツールではないかと考えています。
もちろん、経営の質をアップするためのツールは『これだけ』ではありませんが、頭の痛い資金繰りや資産管理はマトリックス会計表一択でしょー。
(なお、私は『MQ積み上げグラフ』も併用して資金繰りをしています)
マトリックス会計表をおすすめしますぞ。

ちなみに、本記事の「会計はナゼマトリックスが良いのか?」はAMAZONにて書籍を好評発売中です。(評価も高い)
私も先週購入しました。よろしければ、ご参考下さい。




余談ですが、個人事業主でマトリックス会計を導入している個人に出会ったことがないため、暫定的に『日本初の個人事業主でマトリックス会計導入』を自称しています。仲間がいればご連絡下さい。飲みに行きましょう(笑)


カテゴリー:業務効率
Tags: , , , , , , , , , , , ,

東北マイツール研究会 帰り道

2011年01月 19  水曜日

東北マイツール研究会に参加。

日本(世界含めても)で初めて個人事業主でマイツールによるマトリックス会計の運用をスタートすることが出来た。
千葉さんに感謝。

帰り道は写真の通り、ものすごい圧雪道路。
天気が良かったので気持ちよく帰れましたが、滑る滑る。
スタッドレスタイヤはけちるモノではありませんな。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , , ,

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

画面上部へ戻る