山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

市場の成熟具合を感じてみる

2011年06月 14  火曜日

自社の市場が成熟した産業かどうか、と判断できれば戦略の組み立て方が変わってくる。
成長している市場ならばマーケットシェアを維持する戦いだし、成熟している市場ならば、マーケットシェアの獲得(またはマーケットの創造)になる。
それに伴ってWebで表現することも変わってくるし、そもそもの戦略の変更が必要な場合も…(長くなるので略)。

成熟市場を判断するために、統計を用いた手法を弊社では用いている。
しかしながら、誰でも出来る簡単な調査方法がある。
実はこれが案外当たっていることが多い。判断する方法は案外簡単。

お客様の動きをよーくみてみる。以上。

明らかに直接的なターゲットではないお客様がその市場に表れているなら、それはもう成熟産業の予兆。
誰の発言だったか失念しましたが、ユニクロで年配者がフリースを買っている姿を見てユニクロ株式を手放したという人がいました。
それと同じ発想ですわね。

お客様の動きを見て感じたことと統計処理した情報を見てもそんなに乖離はありません。
自社のポジションの見直しにでもご活用下さいませ。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , , , ,

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

画面上部へ戻る