山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

壊れたトイレの鍵のミステリー

2011年01月 19  水曜日

タイトルは、P・F・ドラッカーの著書にある小話で結構好きな話。
読んで欲しいから内容は言わないけれども、現場を無視した指示をすんなという教訓めいた話。

あらゆる事象についてそうなのだけれども、距離が離れれば離れるほど見当違いの結果が生まれる。
1cm離れたところからボールを落とすのと、スカイタワーからボールを落とすのでは落下地点が異なるのだ。
仕事でも全く同じ。

っとまぁ、ドラッカー本は結構哲学的で解釈の方法が広くて深い。
それをマンガやドラマで単純化するっちゅーのはどうにも。
ドラッカーの入門書として、そこから広がりがあればいいんだけれども。

簡単っちゅーのは強烈なニーズなんだわさね、なんて思った。
逆選択の換金ビジネスもそんな感じだしね。
考えてみれば、この世の中にはびこってますわな。


カテゴリー:抽象思考
Tags: , , , , , ,

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

画面上部へ戻る