山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

GoogleがGoogleのページランクを下げた事件

2009年09月 28  月曜日

ポイント
  • Googleはリンク購入については厳しく取り締まる
検索エンジン対策についてある程度知識がある人にとっては、なじみの深い「PageRank」。 このPageRank(以下、ページランク)の評価で一喜一憂している方も多いと思います。 Googleで検索上位に表されやすいか否かの目安になりますモンね。
◆ページランクとは… http://www.google.com/intl/ja/corporate/tech.html Google の検索テクノロジーを支えているのは、一連の計算を数分の一秒で同時に行うソフトウェアです。従来型の検索エンジンは、単語が 1 つのウェブページに何回出てくるかに重点を置いています。Google の PageRank™ テクノロジーはウェブのリンク構造全体を調べ、どのページが最も重要かを判断します。その後、ハイパーテキスト一致分析を通じて、現在行っている検索に関連のあるページを特定します。Google は、全体の重要度と検索クエリとの関連性を組み合わせ、最も関連性の高い、信頼の置ける結果を提供しているのです。 ◆PageRank テクノロジー: PageRank は、5 億の変数と 30 億以上の用語の等式を解決することでウェブ ページの重要度を客観的に測定します。PageRank は、リンク数を数えるのではなく、ページ A からページ B へのリンクを、ページ A によるページ B への投票として解釈します。ページの重要度は、ページが受けた投票数によって決まります。 PageRank では、投票したページの重要度も考慮されます。重要度が高いページからリンクされたページも重要度が上がります。重要なページは PageRank が高くなり、検索結果の上位に表示されます。Google のテクノロジーは、ウェブ上に蓄積された情報を使用してページの重要度を決定します。検索結果にまったく人の手が加わらないことが、有料広告などに左右されない客観的な情報源としてユーザーの皆様から信頼を受けている理由です。 ※要約 Googleが重要だと思っているホームページは評価(10段階評価)が高い → (重要なんだから)検索結果でも優先的に表示される
ただ、Googleの検索結果は、ページランクの仕組みだけでは決まりません。 検索結果に表示するランキングの仕組みは、ページランクの他に200種類以上の評価項目があると公式に発表しています。 だから、あくまでもページランクは目安です。(と、僕は思います…) (※「評価がないよか、あった方が良い」ってのは当たり前な話で、検索エンジン対策のプロはしのぎを削っています) さて、「Google自身のページランクは、いくつだろう」とおもいますよね? 当然、自分自身が最も良いサービスを提供していると自信があるなら当然高得点をつけるでしょうね。 2009年1月までは、Google(日本法人)のページランクは、なんと「 9点 」でした。(※アメリカ法人Google.comは10点です) これは、日本首相官邸(8点)や東京大学(8点)よりもページランクの高い(重要な)webサイトになります。 しかし、2009年2月に、ある事件がきっかけでGoogleは評価を 「 5点 」 まで落としてしまいました。 何をしたのかといいますと… Googleの日本法人は、新しいサービス「急上昇ワード」というサービスを広げるために、一部のブログ作者に報酬を支払い、「急上昇ワード」サービスを広めてもらいました。 ところが、この行為はGoogleが厳しく禁止している「リンクをお金で買う」行為と判断して、「 9点 」から「 5点 」と評価が下げられてしましました。
◆Google 急上昇ワード Google 急上昇ワードとは、Googleで検索されたキーワードの中から、検索数が増えたキーワードを表示するサービスのことである。主にiGoogleのガジェットなどとして提供されている。 Google 急上昇ワードに表示されたキーワードは、Googleの検索結果ページにリンクされており、容易にそのキーワードが調べられるような仕組みになっている。キーワードは20分ごとに更新される。Google 急上昇ワードは、世の中で今、何が起きているのか、何が話題になっているのか、そして、人々は何に興味があるのかなどを知る手がかりとしても利用できる。 2008年4月現在、Google 急上昇ワードは、Googleのパーソナライズドホームページである「iGoogle」、および、Googleモバイルで利用できる。 出典:IT用語辞典バイナリ http://www.sophia-it.com/content/Google+%E6%80%A5%E4%B8%8A%E6%98%87%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89
◆「リンクをお金で買う行為」は違反事項 Google 検索結果におけるサイトのランキングは、そのサイトにリンクしている他のサイトの分析によっても影響を受けます。リンクの量、品質、関連性が評価の対象と なります。サイトにリンクしている別のサイトから、そのサイトのテーマや、品質および人気度を知ることができます。しかし、相互リンクに参加している一部 のウェブマスターは、リンクの品質、ソース、自分のサイトに与える長期的な影響を無視して、相互リンクだけを目的としたパートナー ページを作成しています。これは Google のウェブマスター向けガイドラインに対する違反となり、検索結果におけるサイトのランキングに悪影響を与える可能性があります。リンク プログラムには次のようなものがあります。 出典:リンク プログラム http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=66356
広告の出稿も「リンクをお金で買う行為」ですが、広告出稿でもかなりグレーな検索エンジン対策です。 悪質なリンクファーム(検索エンジン対策のためだけのwebサイト)からのリンクなら、目も当てられません。 Googleに「あなたのwebサイトはお金でリンク買ったのね」と思われてしまいます。
◆リンクファーム リンクファーム(英: Link farm)とは、ハイパーリンクによってページを相互にかつ大量にリンクしているウェブサイト群を指す。人が手で構築することもあるが、通常はプログラムによって自動的に生成される。リンクファームは検索エンジンスパムの一種である。意味のあるリンクの仕方をしているサイトは、リンクファームとは呼ばれない。 (中略) 検索エンジン側もリンクファーム対策として、リンクファームと認識されたページをインデックス付けから除外するなどの手段を講じた。場合によってはあるドメイン全体が検索から除外されたこともある。 出典:wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0
山形ホームページハンズバリュー)と一緒に仕事をしているSEOコンサルタントは非常に優良なコンテンツを持っているのでスパム扱いはされませんが、残念な仕事をしている検索エンジン対策サービス会社はスパム扱いされてしまいます。 そこで、山形ホームページでは、お客様に安易なリンクを購入をオススメしておりません。高いですしね。 (ちなみに山形ホームページホームページを構築していただいたお客様はすべてページランクがあがるようホームページを最適化しています) ちょっと手間をかけて探せば、無料でページランクを上げる方法があります。 相談は無料ですので、お問い合せ下さいページランクの仕組みや検索エンジン対策について親切丁寧にご説明します

カテゴリー:過去記事
Tags: , , , ,

GoogleのWebアップリケーションのメンテナンス情報

2009年09月 03  木曜日

ポイント Googleの「Gmail」を利用している方は多いのではないでしょうか? 山形ホームページハンズバリュー)宛のメールはすべてGmailで受信するように設定しています。 以前は、メール送受信ソフト「Mozilla Thunderbird」を利用していましたが、Webメールサービスならではの便利が良すぎて乗り換えてしまいました。
  • アクセスする場所やデバイス(PC・携帯電話)を選ばない
  • ポータルサイト「iGoogle」にGmailを組み込める
  • 簡単操作でgoogleドメイン以外のEmailも受信できるようになる
  • 特定のEmailを他のEmailに自動転送するよう設定できる ※携帯電話に転送するととても便利です
また、ハンズバリューはお客様とのアポイトメントとは「Googleカレンダー」、作業工程や日報は「Googleスプレッドシート」で管理しています。 また、上記コンテンツと社内で共有したい有益な情報はすべて「Googleサイト」で管理しています。(GoogleサイトとGoogleカレンダーを組み合わせば、サイボウズのように使うことが出来ますよ。) Googleが提供してくれるWebアップリケーションはほんとうに便利ですねぇ。 山形ホームページGoogleのWebアップリケーションを結構活用いる会社です。(たぶん山形だと1番じゃないかなぁ) なので、GoogleのWebアップリケーションがメンテナンス情報は結構重要です。 そこで、(やっとこさ)今日の本題ですが、GoogleのWebアップリケーションのメンテナンス情報は、次のWebページで確認することが出来ます。ご活用下さいませ。 GoogleのWebアップリケーションのメンテナンス情報 http://www.google.com/appsstatus#hl=ja

カテゴリー:未分類
Tags: , , , , , , , ,

カレンダー

2018年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

画面上部へ戻る