ネットショップ、はじめての方の写真教室:カメラや機材の選び方編


はじめての方の写真教室メニュー

  • カメラや機材の選び方編
  • 撮影準備編
  • 食べ物編
  • 人物撮影編
  • 室内編
  • 外観編
  • 画像ソフト(無料)編
  • 商品紹介編
  • 画像ソフト(有料)編
  • 「意図の明確化」編
  • カメラマンプロフィール

ネットショップ、はじめての方の写真教室: カメラや機材の選び方編

みなさん、こんにちは。
ハンズバリューのカメラマン、鈴木です。

商品には自信があるけれど、イマイチ上手く写真が撮れない…。

そもそも、どんなカメラを選んだら良いか分からない…。

写真撮影のコツが知りたい…。

そんなお悩みを解決していくのが、本教室の目的です。

どんどんスキルアップして、あなたのネットショップの集客を増やしましょう!

今回は、「カメラや機材の選び方」編です。

1.カメラや機材の選び方

最近は、カメラも高性能になり、多数の種類のカメラが販売されています。

どれを選んだら良いか分からない…、
というのが悩みの種になっているのではないでしょうか?

そこでまず、現在販売されているデジタルカメラを3つに分類してみます。

A. コンパクト・デジタルカメラ

名刺より少し大きいサイズのカメラ。

多くの場合、レンズは本体に格納されています。

最近は解像度も高くなり、その小型・軽量さ、値段の手頃さ(市価は1万~4万前後)から、ブログ等に載せる写真を撮っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、本格的な写真撮影にはやや力不足です。

コンパクトデジタルカメラ

B. デジタル一眼レフカメラ

レンズの交換ができるカメラです。

シチュエーションに合ったレンズを選ぶことで、多彩な表現が出来ます。

市価は7万~15万前後になります。

レンズは、最初に付いてくる物のほかに、別途買い足しする必要があります(レンズは、2万~10万前後)。

上手に使えば、汎用性と描写力で、ネットショップで抜群の訴求力を持ちます。

デジタル一眼レフカメラ

C. ミラーレスカメラ(マイクロ一眼レフカメラ)

デジタル一眼レフより一回り小さいカメラです。

その小型性から、女性の手にもフィットしやすく、携帯性にも優れています。

価格はデジタル一眼レフと同じか、わずかに安い程度です。

まだまだ十分とは言えませんが、最近は、広角レンズ(広く写すレンズ)やマクロレンズ(近づいて撮るためのレンズ)なども、出揃ってきたので、ネットショップ用の写真を撮る場合の環境も整ってきました。

 

上記の写真を見ていただければ、その違いは歴然かと思います。

BかCをオススメします。

その中でも数多いカメラがあります。

せっかく投資をするのですから、予算の範囲内で気に入った一台を選びたいものですね。

カメラは一種の道具ですので、カメラに対する個人のフィーリングが重要になってきます。

カメラでの撮影が楽しければ、写真にもそれが滲み出てきます。

 

カメラ用品

次に、最低限必要となるカメラ用品です。

1. メモリーカード

画像を記録する媒体です。

SDカードやCFカードなどがあります。

最近の高画素化に伴って、メモリーカードも大容量のものが出てきています。

カメラの画素数にもよりますが、1200万画素程度のカメラなら4Gもあれば十分でしょう。

撮った画像は、マメにパソコンに保存することを心がけましょう(バックアップと整理の為です)。

2. ライト

レフランプというカメラ用の照明です。

500Wの大光量のものが望ましいです。

最近は、消費電力も少なくあまり発熱しない、LEDの小型照明も出てきました。
ただし、若干暗いので、補助的な使い方が主になると思います。ライティングは写真を撮影する上で、重要な要素となります。ですので、ライトも忘れず揃えましょう。

3. カメラ清掃キット

カメラ用品店で安価で売られています。

内容的には、レンズを拭くペーパー、ブロアー(ゴミを手動で飛ばす器具です)など。

特にレンズは常に綺麗にしておく必要があります。

4. レフ板

白や銀色をした板や円形の布です。

少し大きめの物がいいと思います。

ホームセンターなどで売っている発砲スチロールの板やスチレンボードでも代用可能です。

使い方としては、ヒカリが欲しい場所(ライトで影が出来てしまった所など)に、太陽光やライトのヒカリを反射して当て、明るくします。

今回のテーマとした、「カメラと機材の選び方」は、撮りたい物(商品や人物、風景など)によっても、必要となる物が変わってきます。

基本的に、被写体が変われば、カメラのレンズや装備も変わってきます。

 

具体的なシーン別の必要アイテムは、これからの連載の中で、随時ピックアップしていきたいと思いますので、お楽しみに!

これで、「はじめての写真教室 『カメラや機材の選び方編』」は、終了となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

 

ハンズバリュー専属カメラマン 鈴木太一

●カメラマン略歴
1975年、山形県高畠町出身。
2006年、待受グラフィック/写真を展示した個展、
『Portable Art展』を米沢で開催。
2009年4月、米沢にて写真個展、『Genetic Photo展』を開催。
同6月米沢にてグループ展、『緑展』に写真を出品。 
2011年、高畠町にて写真個展、『Face Of Sky展』開催。 現在、山形県在住。


2時間枚数無制限の出張写真撮影(交通費込み)

2時間枚数無制限の出張写真撮影!見積書ダウンロード

コンサルタントからの補足

カメラマンの仕事を見ていて、カメラの性能とライトは特に重要だと感じています。

楽天トラベルやじゃらんネットのような大手サイトに掲載されている写真は質の高い一眼レフとライトを利用して撮影しています。

インターネットでしっかり売上をつくっていくなら、この程度の投資は必須です。(コンサルタント島田)

はじめての方の写真教室メニュー

  • カメラや機材の選び方編
  • 撮影準備編
  • 食べ物編
  • 人物撮影編
  • 室内編
  • 外観編
  • 画像ソフト(無料)編
  • 商品紹介編
  • 画像ソフト(有料)編
  • 「意図の明確化」編
  • カメラマンプロフィール

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはコチラ

画面上部へ戻る