ネットショップ、はじめての方の写真教室:撮影準備編


はじめての方の写真教室メニュー

  • カメラや機材の選び方編
  • 撮影準備編
  • 食べ物編
  • 人物撮影編
  • 室内編
  • 外観編
  • 画像ソフト(無料)編
  • 商品紹介編
  • 画像ソフト(有料)編
  • 「意図の明確化」編
  • カメラマンプロフィール

ネットショップ、はじめての方の写真教室: 撮影準備編

みなさん、こんにちは。
ハンズバリューのカメラマン、鈴木です。

カメラはご用意できましたか?今回は、「撮影準備」編です。
撮影に入る前に、準備しておくことがあります。

スナップ写真や風景写真とは少し異なり、ネットショップの写真には、明確な目的があるからです。今回は、機材の準備の他、撮影前に準備しておく事柄について、書いてみたいと思います。

 

1.機材の準備

まず、機材の準備があります。
様々なやり方がありますが、ここでは、重要なチェック項目を挙げてみたいと思います。

カメラのバッテリーは大丈夫ですか?
バッテリーは常にカメラに入れておくと、何も撮らなくても自然に消耗するので、撮影日の前日に充電しておきます。

メモリーカードに余計な写真は入っていませんか?

撮影前にはメモリーカードが何も入っていない状態がベストです。ですので、前もってパソコン等にメモリーカードのバックアップをとり、画像をメモリーカード内から削除して、空にしておく事をお勧めします。これはこれから撮る写真と、以前撮った写真が混ざらないようにする為です。

レンズは汚れていませんか?

レンズの表面に小さな埃や指紋が付いていると、写真に影となって写り込みます。レンズは、定期的に掃除をしましょう。特に、使用するつもりのレンズは事前にチェックしておきましょう。

ライトは切れていませんか。

また、ストロボのバッテリーや乾電池はご用意できましたか? 何事もそうですが、撮影がスタートしてから不備に気付くと、余計な時間が掛かります。

機材のチェックは、忘れずに前もって行っておきましょう。

 

2.撮影カットの考案

意外と忘れられがちなのが、「どんなカットの写真を撮るか?」を明確にしておくことです。

あらかじめ、撮りたいカットをイメージし、紙に(大雑把で良いので)書いておきます。

そうする事で、撮影時間を短縮できます。

もちろん、撮影中に「このカットもいい」と追加のアングルなどを思いつくことがあるので、それはその場で撮影しておきます。

撮影カットの考案をすることは、「どんなネットショップを作りたいのか?どんなホームページを作りたいのか?」を考える事とイコールです。

ネットショップのデザイン的な質は、素材の積み重ねです。

そこで、商品写真の質が重要になってきます。

カメラに投資し、撮影方法のコツを学ぶのもそのためです。

 

3.撮影場所と撮影時間の確保

撮影するとき、重要となるのが撮影場所です。

写真は光源が大事なので(特に室内で撮影する場合)、場所を押さえておく必要があります。

具体的な撮影シーン別のロケーションは、それぞれの回で述べます。
たとえば、室内で商品写真を撮る場合などは、西日の入らない部屋を押さえておいてください。ライトが無く、自然光だけで撮る場合には、なるべく窓の多い部屋を選びます。

逆に、ライトだけ十分な光源が確保できる場合は、外光をブラインドなどで遮ることが出来る部屋を選びます。
なぜなら、撮影が長時間に及ぶと太陽の位置が変化し、光量が変わってしまったり、夕陽が入ってきたりするからです(夕陽の場合は色にも変化を与えてしまいます)。

また撮影時間については、基本的に夕方や夜は避けます。
前述したように、西日や暗くなってからの撮影は、日中の撮影に比べて、撮影の難易度が高いからです。

 

「はじめての写真教室 『撮影準備編』」は、終了となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

ハンズバリュー専属カメラマン 鈴木太一

●カメラマン略歴
1975年、山形県高畠町出身。
2006年、待受グラフィック/写真を展示した個展、
『Portable Art展』を米沢で開催。
2009年4月、米沢にて写真個展、『Genetic Photo展』を開催。
同6月米沢にてグループ展、『緑展』に写真を出品。 
2011年、高畠町にて写真個展、『Face Of Sky展』開催。 現在、山形県在住。


2時間枚数無制限の出張写真撮影(交通費込み)

2時間枚数無制限の出張写真撮影!見積書ダウンロード

コンサルタントからの補足

質の高い事前準備が、商品紹介ページの購入ボタンをクリックしようと決める決定力になります。

誰に、何を、どう訴えるのか?

そこを突き詰めて考えてから写真撮影しないと本当にお客様に伝わる写真が撮影できません。

例えば、お問い合わせページ(メールフォーム)。 お客様に何をアピールすれば問い合わせが増えるでしょうか?フランクな印象?誠実な印象?それとも…

ビジネスによって、異なることと思います。
フランクな印象を与えたいなら…

  • モデルさんは誰でどんな衣装で…
  • いつ撮影するのがいいのか?(昼なのか夜なのか?)
  • 撮影場所は?
  • 小物の準備は必要か?

…などなど考えることは山ほどあります

正直、とても面倒です。
だから巷の外注カメラマンもサボります。だから反応が取れない。
ただ、この面倒な作業を乗り越えれば、(私の経験ですが)売上は上がります。

ぜひ頑張ってみてください。
鈴木の写真教室シリーズ、今後も続きます。
続きますが、本資料が一番重要だと感じています。 (コンサルタント島田)

はじめての方の写真教室メニュー

  • カメラや機材の選び方編
  • 撮影準備編
  • 食べ物編
  • 人物撮影編
  • 室内編
  • 外観編
  • 画像ソフト(無料)編
  • 商品紹介編
  • 画像ソフト(有料)編
  • 「意図の明確化」編
  • カメラマンプロフィール

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはコチラ

画面上部へ戻る