知名度/認知度アップ


知名度/認知度アップ

見込み顧客に自分を知ってもらいたい!

行政書士、税理士、弁護士などの士業の大きな悩みに

「サービスの良さをどう顧客に伝えたら良いのかわからない」

ということが挙げられます。

たしかに、優れた能力や技術を持っていても、お客様に知ってもらわなければ売上アップ(顧客契約数アップ)にはつながりません。

しかし、チラシ等の広告で、自身のサービスを周知しても、売上アップにつながることはまれです。

なぜなら、チラシ等の広告は、ニーズの有無に関係なく配布されており、本当に士業のサービスがほしいと思っている見込み顧客に情報が届くことが、確率的に低いからです。

そこでネットの活用です!

インターネットは、困ったとき・欲しいときに調べるツール

インターネットは、ほしい物が明確になったときに調べるツールです。

例えば「遺産相続 税金」でネット検索をしている人は、どんなニーズを持っているかを想像することは簡単です。

売上アップに直結するキーワードで集客し、ホームページ内で自身のサービスの良さを上手に伝えることができれば、見込み顧客に「専門家である」と認知してもらえます。

ホームページ制作だけではだめ。戦略的な発想と設計、日々の行動が重要

認知度をアップ、売上アップを目指すならば、ホームページを制作するだけでは不十分です。

顧客ニーズを分析し、必要とされているコンテンツをホームページに掲載しなければなりません。

目的のページまで顧客を誘導する設計も必要になります。

また、顧客のニーズの高まりを予想して、集客ページの追加./修正を実施していく必要があります。

他にも、SNSやツイッター、メールマガジン等も併用します。

面倒だから誰も実践しない。やったもの勝ちの市場です。

インターネットの活用は、手間がかかります。はっきりいって、面倒です。(一日30分ほどの手間です)

だから、誰も実践しません。

この山形という市場ならば、やった者勝ちと言えるでしょう。

インターネットを活用して、認知度アップ/売上アップを本気で考えるのなら、手間とコストをかける覚悟が必要です。

 

価格についてはコチラをクリック▼

個別の案件については、状況により対策がかわるため、ご相談ください。

お問い合わせ

画面上部へ戻る