キャンペーンを実施したい


キャンペーンを実施したい

山形ホームページのマーケティングによって、テレビ取材を引き寄せました!

山形ホームページのマーケティングによって、テレビ取材を引き寄せました!

マーケティング活動により、読売テレビ「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW」で山形の郷土料理を取材していただきました。(放送日時:2009年12月17日午後9時)

?

概在メディアとネットのあわせ技?

まだまだインターネットの告知効果は、限定的です。たしかに、ツイッターやミクシー等のSNSサイトを利用すれば、ある程度の販促キャンペーンの申し込みを見込めますが、やはり、概在メディアにはかないません。(SNSサイトでの集客は、知識と根性、労力が相当必要です)

そこで、集客する役目は、概在メディア(TV広告、ラジオ広告、新聞広告、コミュニティー新聞等)にまかせて、申し込みは”共感”させることのできるネットにまかせましょう。マーケティングのじょうご

どうやって”共感”させるの?

共感の種類と方法

経験価値とは、商品の機能面・性能面での価値とは別に、お客様の五感や感情に訴えることによって生まれる価値です。

お客様が”楽しそう!”と直観で思わせる戦略です。

Webサイトの使われ方の1つに、”関心を持ったときに確認する”という事柄があります。

様々な情報を、いろいろな表現で伝えます。

申し込み率をアップさせるためには?

ハードルを下げる

これまでインターネットから何か申し込んだことはありますか?

その時、不安はありましたか?その不安点が申し込みのハードルを作っています。

その不安点を解消するコンテンツを用意する必要があります。

次に具体策の例を挙げます。

不安点と対応策

今すぐ申し込むメリット

スーパーやカーディーラーのチラシで、”先着○名様に○○プレゼント!”という文章をよく見かけます。これも1つの”今すぐ申し込む”メリットの1つですね。

他にも、今すぐ感を演出する文章(言葉)があります。

  • 限定
  • タイムセール
  • 先着
  • ポイントアップ期間中  …などなど

申し込みアップ

ハードルを下げ、今すぐ感を演出することで、申し込み率をアップさせることができます。

しかしながら、それぞれのキャンペーンにおいて適切な手法が異なります。参考になる事例をご紹介します。

ケーススタディ

価格についてはコチラをクリック▼

また、無料相談を受け付けております。

お問い合わせ

画面上部へ戻る