個人医院・病院向けホームページ制作サービス


個人医院・病院向け

※文章がわかりにくくなるため、「新規の患者様」を「新患」と省略させていただきます。

新患はネットで病院を選ぶって本当?

新患は、ネットで病院の情報を収集します。

それは、医院の外観から、まったく情報を得ることができず、医師の能力・技術はもちろん、診察時間や診療科目などの基本的な情報もわからないからです。

詳しい情報がなければ、職場や家から近い医院に新患が集まります。

逆に、新患が欲しい情報をしっかりと掲載して”頼れる医師”と映れば、新患から選んでもらえる医院になります。

実績で新患数130%アップした事例があります。(インターネットと看板併用)

 

選んでもらえる医院のホームページの条件は2つ。”集客”と”信頼感”

ただホームページを制作しただけでは、新患を集客・来院に結び付けられません。

次のような対策が必要になります。

集客

インターネットは、具合が悪くなったり、体調に不安があるときに治療してくれる病院を探すときに利用されています。

GoogleやYAHOO!で「症状」「地名+診療科目名」で調べる(検索している)傾向が強いです。

山形市 外科の検索結果

当然ながら、この検索結果画面(1画目)に先生のホームページを最上位に表示させるように対策します。

信頼感

集客できたあとは、見込み顧客に”信頼できる医師”と映る必要があります。

見込み顧客は、目に映るすべての情報をもとに”信頼できる医師”かどうか判断しています。

集客した見込み顧客に「診察してもらっても大丈夫な先生だ」と認識してもらうためには、次のような打ち手が必要です。

  • わかりやすい内容
    専門用語はできるだけ少なく、イラストを多用する
  • クオリティの高い写真
    クオリティの高いイメージ写真を掲載すると、信頼度がアップします。
  • わかりやすく、機能的なデザイン
    見込み顧客が知りたい情報に、直観的にアクセスできる。

価格についてはコチラをクリック▼

集客と信頼感は、どちらかがかけていても望ましい結果は出ません。具体的な打ち手については、ご相談ください。

お問い合わせ

画面上部へ戻る