製造業向けホームページ制作サービス


製造業向け

製造業でホームページはいらないんじゃないの?

経済産業省が発行しているIT経営応援隊のレポートに、次のような表記があります。
クリックで新しいウィンドウが開きます。

IT経営応援隊のレポート IT経営応援隊のレポート

これは、特殊な事例ではなく、山形の企業(コンサルティング企業)でも実例はあります。

成功するためには、調査と分析、戦略が必要です。

製造業でもホームページを持っている会社は数多く存在します。

しかしながら、採用に利用している程度で、業績アップに貢献しているとは言えない状態です。

十分な調査と分析、戦略(と戦術)が必要です。

十分な調査と分析

見込み顧客をホームページに集客する方法は次の2つです。

  • 検索結果から、自社ホームページに誘導する
  • 有料広告(検索連動型広告など)を支払い、自社ホームページに誘導する

検索キーワード「アルミ めっき」の検索結果画面

検索キーワード「アルミ めっき」の検索結果画面

どちらの集客方法も検索をきっかけにしています。

見込み顧客がネットで調べている検索キーワードを調査し、見込み度の強いキーワードを選ぶことが重要です。

また顧客の特徴や地域、ライバルの打ち手なども併せて調査分析し、有利な立ち位置を検討します。

この調査分析が、ホームページを成功に導く土台になります。

戦略と戦術

戦略

ホームページで実現したい目標(問い合わせ、物販等)を設定し、目標を達成するためのコストを試算・検討します。

目標と集客コストが決まれば、具体的な集客方法と、集客した見込み顧客の流れ(ホームページ構成や、Webページを閲覧する順番等)を設計します。これが戦略の大まかな決め方です。

戦術

顧客の年齢やニーズにあわせて、ホームページのデザインとレイアウトを決定し、必要なイメージ写真や映像を撮影します。

準備ができたらホームページを制作し、集客をしかけます。これが戦術です。



状況に応じて、戦略と戦術の変更が加わります。

インターネット(ホームページを含む)を活用して業績アップを図ることは、簡単ではありません。

だからこそ「やったもの勝ち」の状況です。

価格についてはコチラをクリック▼

コンサルティング先では、ブログで大型機械を販売した事例もあります。

自社にあてはめて、インターネット(ホームページ)の活用をお考えの方は、ご相談ください。

?

お問い合わせ

画面上部へ戻る