山形のホームページ制作・Webマーケティング総合会社 山形ホームページ(運営ハンズバリュー)

マーケティングコンサルタントのこぼれた話

島田慶資

島田慶資(ShimadaKeisuke)

経営情報システム工学を専攻し修士号を取得。

卒業後、会計事務所系コンサルティング事務所でマネジメント規格認定取得支援やWebマーケティングに従事。

2010年に独立し、マーケティングを専門としたコンサルティング会社を設立。

お問い合わせ

  • 023-674-0797 受付(平日)9:00~12:00,13:00~18:00
  • お問い合わせメールフォームはコチラ

»マーケティングコンサルタントのこぼれた話 に戻る

ホームページでの販促動画の活用 ?実験報告?

2011年08月 01  月曜日

昨今、デジタルアセットオプティマイゼーション(以下、DAO)が叫ばれています。
DAOとは、検索エンジン対策のコンテンツ版(動画やPDF、写真、音声など)だと思っていただいてかまいません。
お客様に自社が保有するデジタルコンテンツを如何にして露出させるか、そのテクニックです。

弊社の実績としても、ユーチューブを窓口に某テレビ番組の取材をうけたことがあります
成果を上げるためには複数の要因が必要ですが、ホームページで利用しない手はありません。

さて、動画を投稿するに当たり、投稿先は次のように様々あります。

  • ユーチューブ
  • フェイスブック
  • ニコニコ動画
  • その他動画投稿サイト
  • 自社サイト(フラッシュのプラグイン仕様など)

どのチャネルを利用するか、それは目的に応じて様々です。
(目的によって複数の投稿先を利用するのもあり)

んで、ペットショップ系の動画と、食品加工系の動画をそれぞれの投稿サイトに投稿して実験しました。
(投稿日時、説明文、タグ全て同条件。またホームページでの紹介はなし。)
●ニコニコ動画

  • 再生数:349回
  • コメント数:4件
  • 関連商品の紹介:2件

●ユーチューブ

  • 再生数:50回
  • コメント数:0件
  • ブログなどの埋め込み:4件?(ユーチューブインサイト)

視聴数を稼げるのは『ニコニコ動画』のようです。
もちろん、完全に視聴者属性を無視した動画を投稿したのでニコニコ動画はちょっとコメントの内容はよくありませんでしたね。
(ニコニコ動画はコマーシャルは嫌われます。炎上とは言いませんけれども、少なからず否定的なコメントが入っていました。)
ユーチューブはGoogleの検索結果画面に表示してくれるのはありがたいのですが、そもそもの検索母数の少ないキーワードですから視聴数を稼ぐことが出来ませんでした。

ユーチューブは次の目的で利用するのがオススメです。

  • ブログやホームページで動画再生に利用
  • Google検索結果画面の占有率を増やす

膨大な動画数がアップロードされているユーチューブですから、余程のことがない限り爆発的な再生数は稼げません。
よって、ブログやホームページの埋め込み動画として利用するといいでしょう。
ホームページを訪問してくれていると言うことは、そのホームページコンテンツに関心があると言うことですからね。
動画閲覧の可能性もおおいにあるでしょう。

Googleの検索結果10件(1ページ目)に動画も表示されます。
(優先的にユーチューブが表示されているように思います)
検索エンジン対策で、理想的な姿と言えば「検索結果画面の独り占め」ですよね。
検索結果画面の1ページ目に自社ホームページの情報だけ表示してくれれば、集客が超ラクになります。
(特殊事例を除き、実際はあり得ませんが…)
動画には検索結果画面に表示されるので検索キーワードを意識したタイトル、説明文が必要です。
ただ、商品の内容も知らない初見のお客様からすると内容が売り込み臭がきついと、動画閲覧を途中でストップするでしょう。
(NLPやコーチング系に多く見られます)
もちろん、成約寸前に利用する動画ならガンガン背中を押す動画でも良いかもしれません。
このテーマについては、成約直前に表示する動画を作って実験していないのでなんともいえません。
今後の課題です。

ニコニコ動画は次の目的で利用するのがオススメではないでしょうか?

  • 商品の反応チェック
  • 認知度アップ(ステルスマーケティング)

私が投稿した動画で一番多くの動画再生数とったモノで2500回。
ネタがしっかりした(インタレストな)動画かつ非コマーシャル的な動画でした。
ニコニコ動画は動画を投稿した直後からコメント投稿されるので、商品の率直な感想が集まります。
商品写真や利用シーンなどを映し出して感想を取って本番の動画作成に利用するのもありでしょう。
再生数が高まるのは動画投稿直後。
動画投稿直後は動画カテゴリーの新着動画に表示されますから、視聴数がちょこっと獲得できます。
しかし、よほど面白い動画でない限り、そうそう動画再生数は伸びません。
アドワーズなどに比べると広告費は安いので、3万円ほど投資してみるのも良いでしょうね。

そして、こちらは試したことがありませんが有名ブロガーや有名な投稿者に商品をおくりつけてレポートしてもらうという手法(ステルスマーケティング)もあります。
一時期、アメーバブログで芸能人がペニーオークションで小銭を稼いでいたのが良い事例ですね。
これについては、有名人の選定や依頼などその動画カテゴリーに詳しくなければできません。
突発的にはできませんね。

まだまだ研究中ですが、動画の活用事例でした。
各動画投稿サイトに最適化した動画を投稿して実験してみたいですね。


カテゴリー:広告販促
Tags: , , , , , , , , , , ,

検索順位上位を維持している企業の努力

2011年01月 22  土曜日

検索順位の上位を維持している会社の努力を少しだけ垣間見る図を用意してみました。

検索順位と検索エンジン対策の施策をチェックできるWebサービスで「廃車買取」と調べました。
左側にあるY検索はYahoo!検索順位、G検索はGoogle検索順位、B検索はMSN検索順位です。
言うまでもありませんが、検索順位は集客順位。
ネットでの成果をだすなら絶対検索上位を目指すべきです。

そして、赤く丸で囲っているのが、外部のホームページからトップページへのリンク数を表しています。
(たとえばサイト「廃車 車の廃車手続きは廃車 買取 navi」は一般人のブログ等から2475件リンクを張ってもらっている)

この被リンク数が検索順位に大きな影響があります。
最近は数よりも質を重視するようになったと言われていますが、それでも他のキーワードで調査しても検索上位のWebサイトは被リンク数が非常に多い傾向があります。
(なお、被リンク以外にも重要な指標がたくさんあります。またトップページ以外の検索順位も非常に重要です。)

さて、そこで自社のホームページですが、ライバル以上に被リンクを集められているでしょうか?
自信はありますか?

もちろん、ライバルの被リンクがすべて一般人からとは限りません。
被リンクを販売している業者もいるので、お金で解決したのかもしれません。
でも、金で解決したかどうか は重要ではありませんよね。
重要なことは検索上位でガンガン集客しているライバルは、ネットが営業戦略上重要であることを理解していて、なおかつコツコツ投資を続けている事実です。
ライバルにコツコツやられると、ちょっとやそっとの努力じゃ太刀打ちできないです。
まぁ、これが参入障壁ってやつなんでしょうけれども。

競争の多いビックキーワードはかなり高い参入障壁が築かれていますが、地域名をふくめたような競争の低いスモールキーワードはまだまだライバルが投資をしていません。ライバルが居眠りしているのが山形の現状です。
ライバルがネットの重要性を理解する前に、こっちが先手をうってコツコツ投資してしましましょー。

お問い合わせはメールフォームで


カテゴリー:仕事関係,広告販促
Tags: , , , , , , , , , ,

ホームページを作る前に考えて欲しいこと

2011年01月 21  金曜日

Webサイトを構築する前に、ホントに見込みがあるのかはよ?く考えた方が良い。
Webサイトを構築して効果の高い業種は、「実店舗の集客力アップ」で列挙している。
逆説的に言うと、これ以外はかなり頑張らないと効果が出ない。
(もちろん、僕が列挙した以外に効果的な業界があるのかもしれないですけど)

効果の有無は、お客様を観察すればわかる。
お客様が実際にインターネットを使って商品やサービスを探している姿が明確に想像できる場合は、そりゃー効果がありますよ。
欲しいモノ…ウォンツが明確ですから、GoogleやYahoo!で検索してショップが表示されれば成約します。
それ以外は、ニーズから考えていかないといけないから大変。

お客様が実際にネットを使っているのかよくわからない場合は、取扱商品をGoogle検索すると良いですよ。
検索語を入力したフォームの下に『約 278,000 件 (0.12 秒) 』みたく検索結果数が表示されます。
検索結果数が極端に低い場合(数千以下)は、お客様がネットで検索している可能性が低いです。
(もちろん、B2Bなどは、検索結果数が低い場合もありますから一概には言えません。あくまでも事例です。)
一番簡単な方法ですが、ざっくり調べるときに重宝する手法ですのでおすすめです。

ウチの実践会の手法を使えばインターネット上の市場規模と、予測売上も計算することが出来ます。
ホームページを作る前には、入念に見込みを調査した方が良いですね。
見込み違いだと投資した方も不幸ですし、Web制作会社側も結果が出せなくてがっかりします。


カテゴリー:仕事関係
Tags: , , , , , , , , , , , ,

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

画面上部へ戻る